白山記念登山
期間  2002. 7.25(木)〜7.26(金)
登った山  白山 
行程  別当出合→(観光新道)→室堂(泊)
     室堂→南竜ヶ馬場→御舎利山→(ちぶり尾根)→市ノ瀬

 白山(2702m 石川県白峰村)                      地形図
 信仰の山2000の内、これまで 999山を登ったので、今回は半ばの1000山目を郷土の白山に 登ることにする。これまで何度も登っているが良しとする。
 今年の春、小学校の同期会があり、その折りこの計画に賛同してくれた仲のよかった二人 の同級生、K君と I さんを誘った。それに女房の4人で登ることになる。K君と I さんは登山団体に所属して日頃山を楽しんでいる。女房は時々低山登山に連れていく以外、山は趣味 ではない。行程はすべて女房のペースに合わせることにする。

7.25.木
 曇後雨。自宅発8:00、市ノ瀬着9:30。下山口は市ノ瀬なので、ここに車を置き、バスで登山口の別当出合に行くつもりであった。夏期の白山は混雑解消のため、市ノ瀬から別当出合 間はマイカー禁止で、シャトルバスがあると思っていたが、この規制は週末だけで、平日はバスがない。やむなく別当出合まで車で上る。帰りはヒッチハイクで車を取りに来ればよい と決める。
 別当出合の二つの駐車場は満車で、 150台以上は停まっている。駐車場から登山口までの 登りはウォーミングアップで、荷物の重さや体調を推し量る。休憩所、便所、水場のある別 当出合登山口に10:15着く。
 多くの登山者は砂防新道を登り、下りに観光新道を使う。観光新道は、尾根に出るまで急 登の連続だが、尾根からは展望を楽しめるので、我々はこちらを登る。
 この時間帯は、室堂で泊まっていた人が観光新道を下ると終点間近となる頃で、沢山の人 とすれ違う。ほとんどが我々と同じ中高年である。
 女房は荷物を軽くし、先頭を歩かせ、一応はマイペースで歩けと言ってあるが、心理的に は後ろから追い立てられている。こうすれば景色や高山植物に目を向けるゆとりはなく、ひ たすら登高に没頭せざるを得ない。これが疲れないコツである。2時間で尾根に出て岩陰で 昼食。
 この頃から黒い雲が南西から広がり、ガスが流れるようになり、やがて雨が落ちる。雨具 を着ける。殿が池ヒュッテ、15:00着く。
 同所で休憩中、K君は話している相手の人が松江出身と分かり大いに喜ぶ。ここからは雨 の中で、高山植物に関心の高い I さんには気の毒である。黒ぼこ岩に着く頃は横殴りの風雨 となり、吹きさらしの弥陀ヶ原を喘いで登る。それでも岩の間にアオノツガザクラを見つけて I さんは大喜びである。室堂に17:00着く。
 室堂センターは木質で内装を一新して明るくなる。既に夕食時である。収容定員 600人余で大きいから、今日はゆったりした部屋割りである。乾燥室で濡れた物を乾かす。ほぼ最後の頃に食事を終わる。 夕日は見られなかったが明日は晴れそうである。21:00消灯。

7.26.金
 晴。3:30太鼓の音で起こされる。ご来光を見ることにする。女性は準備に手間がかかるも ので、出発は4:15である。
 頑張って約40分で山頂に達し、4:55のご来光に丁度間に合う。50人ばかりの登山者。皆感 激で万歳を三唱する。東は茜の空に雲の上に山頂を浮かべた北アルプスがすべて見える。乗 鞍岳の右に八ヶ岳、御岳、南アルプスの一部が見える。西は卵のような月がかかり、雲海に 白山の影が映る。晴れていてブロッケンとはならない。神主さんも登られ奥の宮でお払いが ある。
 下り池巡りをする。ハクサクコザクラ、クロユリ、チングルマ、アオノツガザクラなどな どが見事に咲きそろっている。そしてハイマツの中にハクサンシャクナゲが純白の花を咲か せている。高山植物の大好きな I さんは歩こうとしないので、3時間かかって室堂に帰着。 遅い朝食。
 食堂に白山修験の説明のポスターが張ってある。これを見て3人に概要を説明する。
 白山 は養老元年(717) 越の泰澄が開山し、以来山岳修験道の山となる。駿河の富士山、越中立山 とともに三大霊山と呼ばれた。石川県加賀馬場、福井県越前馬場、岐阜県美濃馬場と三国に 登山口があり、その信仰は全国に及び、白山神社は3千社を数える。
 加賀、越前の両馬場からは、日本海を北上して越後、出羽、奥州と白山信仰を広げた。し かし室町時代末一向一揆で北陸の修験道は壊滅した。美濃馬場は中部、東海地方の窓口で、 岐阜県、愛知県の白山神社はそれぞれ2百社以上あり、石川県、福井県の倍以上を数える。 美濃馬場は近世まで続き、ここから広がった信仰は東海地方に多くの白山文化を残している。 愛知県東栄町の花祭りなどは典型的なものである。
 加賀禅定道は鶴来白山比盗_社から吉野谷白山中宮を経て、中宮道を登るのだが、道中が 長く健脚向けで今は登る人は少ない。
 先月福井県の山に登ったとき、福井五山に白山が入っていたように、かっては勝山平泉寺 を中心に白山登拝は盛んであった。越前禅定道は平泉寺から小原峠を越えて市ノ瀬に至り、 市ノ瀬から六万山を経て観光新道の尾根を登るものであった。今回登った観光新道は越前禅 定道の一部である。石川県は市ノ瀬、六万山を経て観光新道とつながる禅定道を復活した。
 今日これから登る別山は美濃馬場につながる美濃禅定道であり、別山から南下すれば美濃白鳥町 石徹白の白山中居神社を経て、美濃馬場登山口である長滝白山神社に至る。
 などと説明している内に時間が経ち、おまけに女房が高山病だろうか、気分が悪いと言う。 ちぶり尾根は道中長いので、女房だけ砂防新道を下ることも考えたが、しばらく休息したら 元気が出て同行することができるようになりほっとする。こうしたことで室堂をスタートし たのは9:20である。(写真は別山)
 室堂平からトンビ岩、南竜ヶ馬場にかけてはお花畑で、I さんはすっかり夢中になってい る。最後尾をゆっくり歩いてもらう。女房はもっぱら歩くことに専念し、マイペースで下っ てもらう。南竜ヶ馬場 10:50。ここまですれ違う人もなく下る。
 一旦標高 2000mまで下って沢を渡り、再び油坂の登りとなる。女房は怖じ気づいていたが、 思いの外元気に登り切る。振り返ると南竜ヶ馬場から室堂平の展望が広がり慰められる。天 池の辺りの木陰で昼食。日射しは強いが東からの風が涼しい。
 福井県鳩ヶ湯から三の峰を経て登った夫婦、大聖寺高校山岳部の生徒達に行き交う。御舎 利山 14:00着く。
 ここは室堂とほぼ同じ 2400mで、室堂では見られない大展望がある。御前峰、剣ヶ峰、大 汝の峰々。室堂、弥陀ヶ原から観光新道の尾根。その向こうに白山釈迦岳、その下の砂防工 事の進む別当谷。そしてこれから下る長い長いちぶり尾根。
 市ノ瀬まで 8.8km。すべて標準時間の 5割り増しで歩いているので、市ノ瀬に日暮れまで に着けるかどうか心配になってくる。すべては女房の膝にかかっており、無事を祈るのみで ある。
 ちぶり尾根避難小屋までの 2.2kmは岩の多い急坂で屈曲し、小屋の赤い屋根がなかなか近 づかない。小屋着 15:30である。
 ちぶり尾根はオオシラビソ、ダケカンバから、ダケカンバにブナが混じるようになるのは 標高 1800mくらいからで、下るにつれブナの純林となる。世界遺産の白神山地、八甲田山麓 などと比べても、私の見た中でこれは最高のブナ林だと思う。
 しかしこの辺りでは歩くことが精一杯で休憩も取らず、ブナ林を観賞している余裕はなく、 K君と I さんには気の毒であった。ひたすら下り、細谷川の堰堤に18:45着く。
 堰堤横の石のテーブルとベンチに、一人の髭の男が一升瓶を抱え一杯飲んでおられる。ここでキャンプす ると言われる。私を見て仲間と思われたか盛んに酒を勧められる。しかし私はこれから市ノ 瀬に下りて、ヒッチハイクで別当出合に車を取りに行かなければならず、残念ながら酒を断 り、一人先行して下る。
 日暮れで、これから登山口の別当出合に上がるバスも車もなく、やっと運転手のいる駐車 している車を見つけたが、既に酒を飲み車中泊の態勢でおられる。やむなく永井旅館で、女 房の膝の故障で下山が遅れたと言い訳をして、タクシーを頼む。親爺さんは勝山からタクシ ーを呼ぶのは大変だからと、自ら車を運転して別当出合まで送ってくださる。
 市ノ瀬に車を回送したのは日も暮れた 19:45で、15分ほど待ったということだから順調に 回送できた。
 ビールを飲みたいが運転があるのを我慢し、また着替えがないので温泉に入らず、ひたす ら我が家に向けて飛ばし、21:30帰着。ビールで乾杯をする。
 古希も近いものが、どこかの山に「登山は青春」と掲げてあったとおり、小学校の同級生 とともに青春に帰り、可能性に挑戦した登山であった。白山は私のよく知った山だから可能 であって、初めての山ではこんな無理はできない。


石川県の山に戻る
都道府県一覧に戻る